演奏動画

2018年10月25日木曜日

ギタリスト外園健彦さんからの『Acoustic Garage 2days Vol.13 & 14』コメント!


こんにちは。ギタリストの出葉広貴です。

10/30日,31日に行われるイベント『Acoustic Garage 2days Vol.13 & 14』へのコメント・ムービーが公開されました!

演奏動画に加えて、ライブへの心意気を語っているので、ぜひご覧ください!



ご予約

10月21日12時から予約スタート!
メールのタイトルに「出葉ライブ予約」と記載し、本文にて「お名前」「参加希望日時」「人数」をご記入の上、 info@acousphere.netへ送信ください!
皆様のお申し込みをお待ちしております!

ライブの詳細はこちらをごらんください。
https://dewahiroki.blogspot.com/2018/08/1030-31acoustic-garage-2days-vol13-14.html

2018年10月21日日曜日

Acoustic Garage Vol.13/14のチケット予約開始しました!


きたる10/30,31に開催されるイベント「Acoustic Garage Vol.13/14」の予約開始しました!

ご希望の方は、メールの件名に「出葉ライブ予約」と明記し、本文に「名前、予約人数、希望する日時」をご記入の上、info@acousphere.netへ送信してください。

みなさまのご応募お待ちしております!

イベントの詳細はこちらからどうぞ!
https://dewahiroki.blogspot.com/2018/08/1030-31acoustic-garage-2days-vol13-14.html


2018年10月18日木曜日

呪われた夜


僕はイーグルスのファンだ。
イーグルスといっても野球ではない。
バンドのほうのイーグルス。

「Take It Easy」のカントリー・ロック路線かから「Hotel California」に代表されるロック・サウンドになっていく過程がとても好き。
メンバーが過去を振り返るドキュメンタリー映画を見ると、様々な軋轢、そしてメンバー交代が複雑に絡み合って、あのサウンドが出来上がったようです。
実際の活動期間は10年足らずで、まさに”駆け足の人生”。

僕は彼らの作品の中でも『One of These Nights (呪われた夜)』という作品が一番のお気に入り。
タイトルトラックの「One of These Nights」、初期の頃の作品に近い雰囲気のある「Lyin’ Eyes」など、昔からよく聴いてました。

ちなみにこの次にリリースされたアルバムは『Hotel California』。
この作品にとりかかる前にギタリストのバーニー・レドンが脱退します。
彼こそがイーグルスの持つカントリーの雰囲気に大きく貢献しているプレイヤーだったのだけど、ハードロック路線を目指す他のメンバーと軋轢があったようです。
そうしてイーグルスは新しいギタリストの ジョー・ウォルシュが加入。
『Hotel California』で聴ける重厚なロック・サウンドを作っていくこととなります。

ある意味で『One of These Nights (呪われた夜)』はイーグルスの分かれ道のような作品といえるかもしれない。


さて、最近は原点に立ち返るというか、むかし弾き残した曲を弾こうということで「One of These Nights」のソロをコピーしました。
あとはLed Zeppelin『IV』のいくつかの曲。
あらためて聴くと本当にええフレーズがたくさんありますね。
そのうちレッスンなんかでもやりたいものです。

今週の人気記事