演奏動画

2017年12月20日水曜日

High-GとLow-Gについてご説明します!

こんにちは。ギタリスト・ウクレレプレイヤーの出葉広貴です。
今回はウクレレのLow-GとHigh-Gの2つのチューニングについてご説明します!

Low/Highともに名称についている「G」とは、ウクレレの4弦のことです。
英語では音名をアルファベットで表すので、Gは日本で一般的なイタリア語表記では「ソ(So)」の音となります。
「Low/High」は音の高低を表していますので、以上のことをまとめると、

Low-G」はHigh-Gと比べ、4弦が1オクターブ低いチューニングのこと。
High-G」はLow-Gに比べ、4弦が1オクターブ高いチューニングのこと、となります。

サウンドの違いを聴き比べてみましょう!

Low-Gは低音がしっかりと出ているので、安定感のあるサウンド。
伴奏、メロディ弾きともに音域が広いので、ソロウクレレのアレンジを演奏するにも適していると思います。

High-Gは高音がきれいに響くので、軽快なストローク、ハワイアンなどに向いているのではないでしょうか。
低音パートは他の楽器に任せ、バンド形式でメロディや伴奏をするにはぴったりのチューニングだと思います。

ちなみに楽器屋さんに置かれているものはHigh-Gのセットが張られていることが多いです。
1〜3弦はLow/Highともに一緒なので、4弦を張り替えれば簡単にどちらのセッティングにすることも可能ですよ。

僕が使っているLow-G弦のレビューを掲載していますので、そちらもご参考にしていただければ幸いです!

ウクレレ弦「Worth Strings B-LG」
http://dewahiroki.blogspot.jp/2015/09/worth-strings-b-lg.html

------------------------------------------------------------------
荻窪にてギター・ウクレレレッスンを開講中!
ギター・ウクレレは適切な練習によって必ず弾けるようになる楽器です。
現役プロギタリストが親切丁寧に指導いたします。
一緒に音楽のある生活を楽しんでみませんか?

レッスン料金は¥3,500(60分)です。
年会費、入会費、キャンセル料などはありません。

レッスンをご希望の方は、
・お名前
・ご連絡先
・レッスンをご希望の楽器
・(もしあれば)弾いてみたい曲
・(もしいれば)好きなミュージシャン
・レッスンのご希望日時

などをご記入の上、dewahiroki@gmail.comまでお送りください。
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お待ちしております!

詳しいご案内はこちらをどうぞ。
0 件のコメント:
コメントを投稿

今週の人気記事