演奏動画

2020年2月10日月曜日

個々の部屋


ひとことに弾き語りと言ってもいろいろなスタイルがあるもので、最近はその違いを感じつつ聴くのが楽しい。

特にTrey AnastasioやDave Matthewsのようにバンドでの演奏の方にも馴染みのあるミュージシャンの弾き語りは学ぶことが多い。

他の楽器の要素を除くことで、その楽曲の一番シンプルな骨格とスタイルが見えてくる。

例えば、Trey Anastasioはシンプルなストロークとアルペジオでこなすことが多いようだし、Dave Matthewsはコード伴奏ながら、ギター・リフのように動く。

Treyはバンドで演奏するときとは、コードフォームが違い、Daveは比較的同じように演奏する。

バンドで演奏するときとはダイナミクスが違い、表現が違う。

伝えたいことを個人的に言うような、小さい部屋のような。


0 件のコメント:
コメントを投稿

今週の人気記事