【6/19,20】2dayライブ決定!

【6/19,20】2dayライブ決定!
詳細は画像をクリック!

演奏動画

2018年1月19日金曜日

腕の重さを利用したピッキングについて解説します!


こんにちは。ミュージシャンの出葉広貴です。

良い音で楽器を鳴らすために必要なのは、良いピッキングです。
ピッキングと一言でいっても、色々な方法があります。
今回は「腕の重さを利用したピッキング」について解説しますよ!

太い音で楽器を鳴らそうと思うと、つい力んでしまう方も多いのではないでしょうか。
強くピッキングすれば出初めは大きな音になるのですが、減衰の振れ幅が大きいため、結果的に音が細く聴こえてしまいます。

太い音で弾くにはどうすれば良いのか。
それは脱力してピッキングすることです。
実は大きな音=太い音、というわけではありません。
小さくても太い音は太いですし、大きくても細い音は細いのです。

脱力してピッキングするには、腕の重さを利用することがカギとなります。
そのためには筋力を使うのではなく、腕が落ちる重力を利用することが必要になってきます。


ストロークのレッスンのとき、よく「手についた水をパッパッと振って切るときの動きですよ」というたとえを使います。
腕を動かした結果、脱力している手首が揺れているということに気付くと思います。
ぜひ画面の前の皆さんも実際にやってみてください。
腕を持ち上げるときに少し力が入るけれど、腕を振り下ろすときは重力に任せています。
そして、いつでも手首は脱力している状態。
これをピッキングに応用します。

言い換えると、一本の弦をストロークする要領で弾く、ということですね。
この奏法の利点は、良い音で弾けること、そして効率よく腕を使えることです。
腕の重さと筋力のコンビネーションでさらに多彩なピッキングが可能になってきますので、ぜひ練習してみてくださいね!

練習方法

1.まずは座った状態で楽器を構えます。

2.手首を振る動作ではなく腕自体を脱力して落とすように、6弦だけをダウン・ピッキングします。
最初はかなり大きな動作になると思います。
落とした右手は太ももに当たるぐらいで構いません。

3.繰り返しているうちに腕の重さがわかってくると思いますので、少しずつ全体の動作を小さくしていきます。

以上です!
ぜひ練習して、あなたのプレイに取り入れてみてくださいね!

///
【初心者向けウクレレクリニック開催!】
2018/1/28(日)
Acousphere Cafe
東京都杉並区南荻窪4-3-4
OPEN: 15:50 / START: 16:00
当日 ¥2,000

今回のクリニックでの題材曲は、
The Blues Brothersの「Everybody Needs Somebody to Love」です。
明るく楽しげなこちらの曲のウクレレ伴奏を優しく丁寧にレクチャーしていきます。
出てくるコードも簡単なので、ウクレレにぴったりなこの曲をぜひ一緒に弾いてみましょう!

詳しくはこちら!

------------------------------------------------------------------
荻窪・野方にてギター・ウクレレレッスンを開講中!
ギター・ウクレレは適切な練習によって必ず弾けるようになる楽器です。
現役プロギタリストが親切丁寧に指導いたします。
一緒に音楽のある生活を楽しんでみませんか?

レッスン料金は¥4,000(60分)です。
年会費、入会費、キャンセル料などはありません。

レッスンをご希望の方は、
・お名前
・ご連絡先
・レッスンをご希望の楽器
・(もしあれば)弾いてみたい曲
・(もしいれば)好きなミュージシャン
・レッスンのご希望日時

などをご記入の上、dewahiroki@gmail.comまでお送りください。
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お待ちしております!

詳しいご案内はこちらをどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今週の人気記事